子育て

母乳とミルク・それぞれのメリットとデメリット

赤ちゃんが生まれて初めて口にするもの、それはママの母乳
でも母乳は人によって、最初からすごく出る人もいれば、頑張ってもなかなか出ない人もいます。
私もなかなか出なくて、生後1ヵ月以内にミルクに切り替えました

ミルクって母乳に比べて「母親の免疫が含まれていないから、病気になりやすい」という話もがありますが、

結論から言うと、ミルクで育てても元気に育ちます!(*´▽`*)

どちらで育てても大丈夫なのですが、仕事に早く復帰したい方などママの事情によっては選択が変わってくると思います。

今日は「母乳とミルク・それぞれのメリットとデメリット」について書きたいと思います!

母乳のメリット

・準備するものがなく、服をめくるだけで授乳できる

・赤ちゃんとのスキンシップタイムになる

・毎回の飲み終わり近くの母乳には「脂肪分」が含まれるため、ママの産後の体型が戻りやすい

母乳をあげるとママが痩せると言われているのは、この「脂肪分」を含んだ母乳の影響なのだそうです。
赤ちゃんにとってもこの「脂肪分」が多く含まれた母乳を飲むことで体重が増えます
吸い始めは薄めの母乳が出て、そのあと「脂肪分」を含んだ母乳が出てきます。

「ママの体型戻し」と「赤ちゃんの体重増加」のためにも、片方の胸を十分に吸わせてから、もう片方の胸という飲ませ方がいいのだそうです。

スポンサーリンク





母乳のデメリット

・母乳をあげている期間は、薬や食べ物などに気を付けなければならない

ママ以外授乳をしてあげることができない

飲んだ量が分からないので、飲ませてもなかなか寝てくれない時などは悩む

・赤ちゃんが吸うことで乳首が切れたりする

授乳中はママが食べたものに母乳が影響を受けるので、風邪薬などは薬剤師に相談してから飲みましょう。またカフェインも赤ちゃんによくないので、コーヒーなどはノンカフェインのものを選ぶといいと思います。

また夜間は母乳が昼間に比べて出にくい傾向があるので、足りなくて赤ちゃんがなかなかお腹いっぱいにならずに寝てくれないことがあります。(私もそうでした…)なので、夜間だけミルクを足すというのもありだと思います。

ミルクのメリット

ママ以外の人(家族)でも授乳ができる

・授乳への影響がないので、食事なども好きなものが食べられる

飲んだ量が分かるので安心

ミルクのいいところは、パパや兄姉、祖父母などママ以外の人でも授乳ができるところです。保育園の保育士さんにもお願いできます。

母乳への影響を考えなくて済むので、食事やお酒も自由に楽しむことができます

哺乳瓶だと飲んだ量がはっきりわかるので、飲んだ後に泣いている場合は眠いのに眠れないのかな、と他に原因があると考えることができます

スポンサーリンク





ミルクのデメリット

・粉ミルク代や消毒グッズ代などお金がかかる

・哺乳瓶の消毒が面倒

・お出かけの時に荷物が多くなる

・母乳のように脂肪分が出ることがないので、人によっては産後体型が戻りにくいかも

お金は母乳に比べてどうしてもかかります

哺乳瓶の消毒は、私は電子レンジで消毒するグッズを使っていて、それほど面倒でもなかったのですが、人によっては面倒だと感じるかもしれません。

今はドラッグストアで液体ミルクも販売しているので、お出かけの荷物は以前より少なくできます。

ママの事情ややりやすい方でOK!

母乳がどんどん出る人はもちろんそのまま母乳で育てていけばいいし、頑張ってもなかなか出ない人はミルクに切り替えても全然いいと思います。

仕事に早く復帰したい人は、保育士さんに預けることになるので必然的にミルクになると思いますし、母乳育児がうまくいかなくてストレスになってしまっている場合は、ミルクにしてもいいと思います。

私は正直、ミルクで育てる方がラクでした。哺乳瓶の消毒などの手間はありましたが、やはり出ないものを頑張って出そうとしたりするのがストレスでした。

授乳を他の人に代わってもらえることで、その間に家事をしたり、少し赤ちゃんと離れる時間があることでリフレッシュできました。

赤ちゃんのお世話は本当に大変ですから、少しでもラクにママが笑顔で育児できる方を選ばれるといいと思います。
母乳でもミルクでも元気に育ちますよ(*^^*)

スポンサーリンク