子育て

おしゃぶりは歯並び悪くなる?新生児から使える?先輩ママの体験談♪

ぐずっている赤ちゃんにあげると、落ち着いて眠ってくれたりする
「ママのお助けアイテム・おしゃぶり」

でも「歯並びが悪くなる?」「新生児から使っていいの?」「寝かしつけの時だけ?」「いつまでに辞める?」などいろいろ迷いが出てしまいますよね。

私も子供に使う時に悩みましたが、結論から言うと

「新生児から使っても全然大丈夫!歯並びも全く問題なし!」でした(*´▽`*)

なので、今日は私が「どんな風に使っていたか」「どうやって子供がおしゃぶりを辞めたのか」について書きたいと思います!

新生児からおしゃぶりを使っていました

私には2人の男の子がいるのですが、1人目の子は生後2週間から、2人目の子は生後1週間(退院してきた日)から使っていました。

1人目の時は、生後1ヵ月ぐらいまで母乳をあげてもなかなか寝てくれなくて、ぐずることが多く、私も寝不足でしんどかったです…
あとで考えてみたら単に「母乳の出が悪くてお腹がすいていた」だけだったのですが、私も新米ママだったのでわからなくて。
そんな時にミルクを足すことおしゃぶりをあげることを試みました。

すると、お腹がいっぱいになって、さらにおしゃぶりがあるとモグモグしながらすやすや良く寝てくれるようになりました。

結局、私は母乳をあきらめ、完全ミルク+おしゃぶりになりましたが、まとまって長い時間寝てくれるようになったのでよかったと思っています。

寝る時以外にも、どうしてもぐずぐずが収まらない時などは使っていました。
だいたいが眠りたいのに眠れないという時にぐずることが多かった気がします。

スポンサーリンク





おしゃぶりは新生児用のものもあります

おしゃぶりは月齢に合わせたものがお店に売っているので、安心して与えられました。

お出かけする時はスタイ(よだれかけ)にクリップで止めて使うホルダーもあると、地面に落とすことなく使えて便利です。

おしゃぶりを使う時の注意点

おしゃぶりをしながら寝ると、しばらくするとお口からポロッと顔の横に落ちます。
このままにしておくと、寝返りを打った時に顔や目に当たると危ないので、おしゃぶりを片付けておきましょう。
眠ったと思ったら、そ~っと口から取ってあげると安心ですね。

おしゃぶりの消毒について

新生児の時は、哺乳瓶の消毒の時に一緒に入れて消毒していました。
簡単な消毒の時は、お湯をかけていました。
そのうち月齢も進んでくると、水でさっと洗うだけになっていきましたが、全然大丈夫でした(*^^*)

スポンサーリンク





おしゃぶりをどうやって辞めたのか

上の子は2歳2ヵ月まで使っていました。寝る時だけでなく、ちょっと嫌なことがあると「チュッチュ」と言って自分で口に入れる子で、何か落ち着くようでした(^^;)

なので、2歳になった時に「もうお兄ちゃんだし、バイバイしよっか?」と言うと嫌がりました。
ところが2歳2ヵ月の時に、おしゃぶりのゴムのところが破れてしまって。歯で噛んでいたんでしょうね。
「チュッチュ、壊れたからバイバーイって遠いお空に飛んで行ったよ」というと意外なほどあっさりと「わかった~」と卒業できました。

下の子も2歳ぐらい「もうお兄ちゃんになったからなくても大丈夫かな?」というと「うん」とあっさり。
でも下の子にはお気に入りのタオルがあり、それは大きくなっても寝る時に持っていっていましたが(^^;)

おしゃぶりを使っても、歯並びもあごの骨も異常なし!

2人ともおしゃぶりを2年ほど使っていましたが、むしろ歯の検診などで「歯並びがいい」と言われています。

どちらかというと、歯並びが悪くなるのは、歯の生え変わりの時にグラグラになった乳歯をいつまでも抜かないでいるのが原因のようです。
永久歯が生えてくるのに邪魔になるんですね。早めに抜いた方がいいようです。

赤ちゃんのグズグズはママにとっても大変なので、おしゃぶりをうまく使って乗り切りましょう!

スポンサーリンク