子育て

進研ゼミ・タブレットと紙はどちらがいい?先輩ママの体験談♪

子供の人気通信教材「進研ゼミ」
コースは2つあり、タブレット紙(テキスト)があります。

うちの子は進研ゼミで、小学講座・チャレンジを「紙」→進研ゼミ中学講座「タブレット」→中1の夏には再び「紙」に変更しました。

実際に受講してみて感じた「タブレット・紙のメリットとデメリット」「紙に戻った理由」について書いてみたいと思います!

進研ゼミ・タブレットのメリットとデメリット

進研ゼミ・タブレットのメリット

・子供が興味を持ちやすい
動画や音声で進んでいくので、1人で学習できる
自動で採点してくれる
間違えた問題をピックアップして出してくれる
・その日に取り組む課題を自動で設定してくれる
英語も音声があるのでヒアリング学習に適している
・国語の長文や作文などは紙(テキスト)もある
・タブレットだけなので、部屋が冊子で散らからない

英語のヒアリング対策にはいいですよね!
これはタブレットの大きなメリットだと思います。

スポンサーリンク





進研ゼミ・タブレットのデメリット

・わかっている部分も動画が終わるまで見なければならない
・「あの部分が見たい!」と思ってもその場所を探すのが面倒
・画面が1つしかないので、いくつものページを広げて勉強できない
目の疲れが心配
字を書く勉強が少なくなる
・ログインできない、などトラブルがあると勉強できない

スピーディーに勉強したい子にはちょっとストレスかもしれません。

進研ゼミ・紙(テキスト)のメリットとデメリット

進研ゼミ・紙(テキスト)のメリット

・解説や解き方の説明が教科書とは比べ物にならないくらい分かりやすい
使い慣れている
字を書くことが多い
・問題を解く手順なども自分で読んで理解しなければいけないので、思考力が鍛えられる
・いくつもの冊子(例えば5月号と8月号)を同時に広げて勉強できる
・わかっているところは読み飛ばすことができるので、知りたいところだけ探すことができる
・ページ全体を見ることができるので、「今日の学習内容」の全体を学習前に把握することができる

私が進研ゼミで一番素晴らしいと思うのは、解説や解き方の説明が本当に分かりやすいところです!
子供に分からないところを聞かれ、教科書を見ながら教えてあげようと思っても、教科書は学校で先生が説明してくれることを前提に作ってあるので、全部は詳しく書いてないことが多くて教えにくいです。
そういう点で、進研ゼミは本当におすすめの通信教材です。

進研ゼミ・紙(テキスト)のデメリット

・冊子がどんどん溜まってかさばる

・冊子はいかにも勉強という感じになるので、子供がすすんではやらない

スポンサーリンク






タブレットから紙(テキスト)に変えた理由

【うちがタブレットから紙(テキスト)変えた主な理由】

「わかっているところも動画が終わるまで見なければならない」
時間がかかる

「見たいところを探すのが面倒。冊子の方が探しやすい」
手でページをめくった方が早い。画面を戻して、目次から探して…が面倒。

というのが子供の意見でした。
たしかに勉強を早く終わりたい子(みんな?笑)にとって、スピーディーさはないかもしれません。
あのページが見たいという時は、冊子の方が早そうですよね。

親目線で言えば、
「ただでさえゲームなどでiPadなどを見るのに、勉強でも見るとなると、タブレットを見る時間が増えるので目の疲れが心配
ということもありました。

子供がやりやすい方法が一番

ただ、自動で講義・採点・課題の出題などをしてくれるので、予習を一人で学習するのには適しているかもしれません。

字を書く勉強をもっとさせたいということであれば、学校のワークなどもありますしね。

結局は子供がやりやすいかどうかだと思います。

うちのようにタブレットコースを1度受講してみて、合わなければ変えるというのでいいのではないでしょうか。

まあ、どちらのコースでも子供が勉強を自主的にしてくれたらいいのですが、それが一番難しいんですけどね(*^^*)

スポンサーリンク